相続の税金の記事一覧 - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金

相続の税金

相続手続きはいつまでにすべき?


 

・相続時精算課税は節税?
相続時精算課税制度を本当の意味で節税にするには、ち密な計算が必要です。
資産が5000万円程度の場合には、有効な相続税対策になることが多いのですが、それよりも高額の資産を持っている方は微妙な計算をしなければなりません。
巨額な資産の場合には、むしろ納税額が増えてしまうことすらあります。
 
・相続時精算課税制度を使うかどうかはいつまでに決める?
相続時精算課税制度を使うか使わないかの判断は、贈与があった年の翌年の3月15日までにしなければなりません。
この日が、確定申告の期限だからです。
もし、暦年課税にするなら、この日に他の所得税と一緒に贈与税を納付しなければなりません。
 
・相続時精算課税制度は遺産の貯金
一度相続時精算課税制度を利用すると、相続開始まで適用されます。
毎年500万円の贈与を受けて5年後に贈与者が亡くなった場合、遺産額に2500万円上乗せして相続税が課税されます。
加算後の遺産が基礎控除の範囲内なら結果的には、大きな節税になります。
ところが、加算後の遺産額が基礎控除額をはるかに上回る場合には、その合計金額に相続税がかかっていきます。
金額によれば、年間500万円の贈与税を相続税が上回ってしまうこともあります。
 
・相続放棄手続きはいつまで?
相続時精算課税制度を利用しながら、生前贈与を受けていた場合、贈与額は遺産に加算されます。
ところが、いざ、相続が始まってみると故人が多額の借金をしていることが分かりました。
普通は、相続放棄したいところですが、相続時精算課税を利用している場合、放棄できないという不安もあります。
しかし、この場合も期限までに相続放棄手続きを済ませれば放棄することは可能です。
ただし、その場合は、生前贈与分の贈与税が課税されます。
この場合も3カ月以内に相続放棄しなければ、通常の相続になってしまいます。
相続手続きは出来るだけ迅速に進めるべきなのです。
 
・相続時精算課税を適用できる人
相続時精算課税制度を利用できる人には条件があります。
まず贈与者は贈与する年の1月1日現在、60歳以上の父母または祖父母です。
また、受贈者は20歳以上が条件になります。また、孫は基本的には法定相続人ではありません。
もし、相続が始まった時に遺産が基礎控除額を上回った時には遺贈となって、法定相続人より課税額が高くなってしまいますので注意が必要です。
ある程度資産がある場合には、暦年課税の方が安心です。

相続手続きで知りたい税金のこと


 
相続手続きで知っておきたいのは、やはり税金のことです。
相続をする場合、多くの方が関わってくるのが相続税などに関連した税金です。
相続税も控除される面がありますし、一定の相続額が無ければ納税の義務はありません。
しかし、やはり住宅や土地、その他にも遺産がある場合は相続税を支払わなくてはならないことも多々あるので、注意しておくことが必要です。
また、中には還暦課税や相続時精算課税などもあるため、注意が必要となってきます。
正直、税金というのは、払いたくないというのが国民の総意なのではないでしょうか。
もちろん、国を運営していくためには、税金は必要なものとなります。
しかし、国の経営よりもやはり、国民は自分たちの生活を優先したいはずです。
それでも税金の支払いは必要となっていますし、日本は財産や資産があるところから徴収するシステムとなっています。
つまり、相続が発生した時点で、税金は切っても切り離せない存在となっているのです。

相続が必要となる方は、その点も事前に相談して計算しておくと良いです。
被相続人にとっては関係ないことかもしれませんが、遺産を遺される相続人に関しては大きく関係してくる話となってしまいます。
まずは相続する資産や財産の金額をしっかりと計算し、それぞれの税金も計算しましょう。
もちろん、税金を払いたくないという場合には、相続放棄をすることも可能です。
相続放棄は税金が払いたくないからという理由で行うというよりは、財産や資産に価値を見出さないからこそ行うというのが一般的です。
それこそ、古くなった住宅や土地、車などは無駄に税金がかかってしまうこともあります。
そうなるのなら、相続放棄をしてしまった方が良い場合もあります。
そこは上手に活用していくことが必要となってくるのではないでしょうか。
ちなみにこの手の相続放棄に関しても含めて、専門家に相談することをおすすめします。

専門家の中でも、特に相続に関するトラブルや問題は、弁護士に相談することが多いです。
ただ、税金の計算などとなると話は別になってきます。
税金などへの対処は、専門知識が豊富な税理士に相談するのが良いです。
税理士もそれぞれ得意な分野があるので、相続に関して得意という税理士を活用したいところです。
事実、近年は色々な話を聞いてくれる税理士も多く、相続はもちろん、それ以外の税金のことも相談できる場合が多いです。
ぜひ、そちらも活用してみてください。

知ってる?暦年課税と相続時精算課税


 

相続税の手続きを進める上で頭に入れておきたいのが、暦年課税と相続時精算課税です。これら2つのシステムを知っているだけでも、相続手続きは楽に進むかと思います。
そこで相続の手続きの際に把握しておきたい、暦年課税と相続時精算課税について取り上げます。

暦年課税とは贈与税の課税方法の1つで、年間110万円までの贈与に関しては非課税になるというものです。1年に110万円の非課税枠を使って贈与することを「暦年贈与」と言います。
暦年課税のメリットは、相続税対策になることです。年間110万円までの贈与となると少ない気もしますが、1年・10年続けると大きくなります。また相続する財産が減っていくので、相続税額は少なくなります。上手く贈与すれば基礎控除額内にまで財産を減らすことができ、相続税を0円に抑え込むことも可能です。デメリットとしては、贈与に時間がかかってしまうことでしょう。10年単位のスパンで考えなければ、節税に繋がるのは難しいです。暦年課税を受ける条件は特になく、誰でもどんな財産でも適用になります。ただし贈与を始めて3年以内に贈与した人が亡くなった場合、「贈与した」という事実はなかったことになります。

次に相続時精算課税です。相続時精算課税は2,500万円までの贈与ならば、贈与税がかからないシステムです。ただし贈与した人が亡くなって相続が発生した時、贈与を受けた財産は「相続財産」として取り扱うことが条件です。また相続時精算課税を利用する際、暦年課税と併用することはできません。
相続時精算課税のメリットは、相続財産が減らないことです。2,500万円までの財産を贈与する時に、大きな節税となるでしょう。ただし相続時精算課税を利用する際には、例え贈与税が0円でも申告は必要です。後になって暦年課税にしたいと希望したとしても、聞き入れてくれません。相続時精算課税を使う条件としては、贈与者が60歳以上・受遺者は20歳以上であるのが絶対条件です。また赤の他人に贈与することは許されず、子供か孫に贈与することが求められています。

生前贈与は、大きな相続税の節税になります。ただし贈与の手続きを少しでも間違えてしまうと余計にお金がかかるので要注意です。贈与に踏み切る前にまずは、専門家に相談して下さい。
贈与について熟知している専門家は札幌を初め、日本全国各地にいらっしゃいます。個人の判断で、贈与を行うのは絶対に避けたいものです。

相続の手続きで銀行のアレコレ

相続の手続きをする場合、銀行のことも考えておかないといけません。
被相続人が亡くなった場合、銀行口座を持っているかどうかを必ずチャックしてください。
本来、亡くなる前に銀行口座から他の口座に預金などを移しておくことが一般的なのですが、人によっては亡くなった後に銀行口座を持っていたことが発覚することもあります。
その場合は、銀行に相談して、預金がある場合は他の口座に預金を移すことが必要となるでしょう。
ただ、銀行も極力は銀行の手続きを簡略化したいため、本人たちからの手続きがない限り、その被相続人の銀行口座も凍結されてしまうことがあると言われています。
そんな悪徳なことはしないですが、それでも故人が口座を持っていることを知らずに放置していると、大変按ことになるかもしれません。

まず、被相続人となる方がいるのなら、生前に銀行口座に関しては確認しておいてください。
そこで「銀行口座は持っていない」となれば特に手続きの必要はありません。
ただ、「銀行口座を持っている」とばれば預金などは移しておくことが必要となります。
その場合、大金になればなるほど、銀行側も警戒します。
もちろん、本人が確認されれば良いので、生前での手続きはそこまで難しくありません。
しかし、亡くなってからのことに関しては、色々と手間や面倒がかかることもあります。
この手のお金に関する相談に関しては、銀行に直接聞いてみるのが良いです。
ただ、原則としては本人が生きている間に、銀行のことは済ませておくのが良いでしょう。
後になってから発覚しても手遅れになってしまっては意味がありません。
特にお金のことに関してはシビアなので、ちゃんとお金の管理ができる人に任せることが必要となります。
極力は生前に対応しておくようにしてください。

なお、銀行と相談する場合は、他の専門家の意見も参考にすると良いです。
税理士はもちろん、行政書士や司法書士などが力になってくれます。
それはやはり魅力も大きいと言えるでしょう。
自分自身がわからなくなってしまうこともあるので、代行して対応してくれる専門家がいると安心です。
特に相続などの問題は結構シビアですから、銀行も慎重に行動します。
そこもちゃんと考えて対応していけることが重要となるでしょう。
まずはしっかり相談してみてください。
そうすれば、見えてくることも多くなるのではないでしょうか。
専門家を上手に活用しましょう。

暦年課税と相続時精算課税の計算方法

生前贈与したとき、暦年課税と相続時精算課税とで、それぞれどのような計算方法になるのでしょうか。
基本的な計算方法はその他の税金と同じで、まずは課税金額を計算し、その金額に税率をかけるのが基本です。
それぞれの方法での基礎控除金額と税率がわかれば、個人でも計算できますよ。
暦年課税と相続時精算課税の計算方法 ≫ Click

相続時精算課税のデメリットとは

相続時精算課税には暦年課税にはないメリットがあるものの、デメリットもあります。
まず知っておきたいデメリットは、利用できる方が限られていることです。
基本方式となる暦年課税は誰にでも適用される基本方式なのですが、相続時精算課税には利用にあたっていくつかの条件があります。
相続時精算課税のデメリットとは ≫ Click

暦年課税のデメリットとは

贈与税の基本方式となる暦年課税ですが、デメリットもあります。

1つ目のデメリットは、基礎控除の金額が小さいこと。
暦年課税の枠は毎年復活するものの、一回当たりの控除枠は110万円のみです。
この金額が大きいのか小さいのか、考えている贈与金額にもよるでしょうが、一般的には小さい部類です。
暦年課税のデメリットとは ≫ Click