相続の手続きで銀行のアレコレ - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金 » 相続の手続きで銀行のアレコレ

相続の手続きで銀行のアレコレ

相続の手続きをする場合、銀行のことも考えておかないといけません。
被相続人が亡くなった場合、銀行口座を持っているかどうかを必ずチャックしてください。
本来、亡くなる前に銀行口座から他の口座に預金などを移しておくことが一般的なのですが、人によっては亡くなった後に銀行口座を持っていたことが発覚することもあります。
その場合は、銀行に相談して、預金がある場合は他の口座に預金を移すことが必要となるでしょう。
ただ、銀行も極力は銀行の手続きを簡略化したいため、本人たちからの手続きがない限り、その被相続人の銀行口座も凍結されてしまうことがあると言われています。
そんな悪徳なことはしないですが、それでも故人が口座を持っていることを知らずに放置していると、大変按ことになるかもしれません。

まず、被相続人となる方がいるのなら、生前に銀行口座に関しては確認しておいてください。
そこで「銀行口座は持っていない」となれば特に手続きの必要はありません。
ただ、「銀行口座を持っている」とばれば預金などは移しておくことが必要となります。
その場合、大金になればなるほど、銀行側も警戒します。
もちろん、本人が確認されれば良いので、生前での手続きはそこまで難しくありません。
しかし、亡くなってからのことに関しては、色々と手間や面倒がかかることもあります。
この手のお金に関する相談に関しては、銀行に直接聞いてみるのが良いです。
ただ、原則としては本人が生きている間に、銀行のことは済ませておくのが良いでしょう。
後になってから発覚しても手遅れになってしまっては意味がありません。
特にお金のことに関してはシビアなので、ちゃんとお金の管理ができる人に任せることが必要となります。
極力は生前に対応しておくようにしてください。

なお、銀行と相談する場合は、他の専門家の意見も参考にすると良いです。
税理士はもちろん、行政書士や司法書士などが力になってくれます。
それはやはり魅力も大きいと言えるでしょう。
自分自身がわからなくなってしまうこともあるので、代行して対応してくれる専門家がいると安心です。
特に相続などの問題は結構シビアですから、銀行も慎重に行動します。
そこもちゃんと考えて対応していけることが重要となるでしょう。
まずはしっかり相談してみてください。
そうすれば、見えてくることも多くなるのではないでしょうか。
専門家を上手に活用しましょう。