暦年課税と相続時精算課税の計算方法 - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金 » 暦年課税と相続時精算課税の計算方法

暦年課税と相続時精算課税の計算方法

生前贈与したとき、暦年課税と相続時精算課税とで、それぞれどのような計算方法になるのでしょうか。
基本的な計算方法はその他の税金と同じで、まずは課税金額を計算し、その金額に税率をかけるのが基本です。
それぞれの方法での基礎控除金額と税率がわかれば、個人でも計算できますよ。

まず暦年課税の場合、基礎控除は110万円です。
課税額は、生前贈与した金額からこの基礎控除110万円を引いて計算します。

たとえば500万円を贈与した場合、これから110万円を引いて、課税額は390万円となります。
課税額がわかったら、コレに暦年課税での税率をかけます。
税率は10〜55%の間で決まり、課税額の金額に応じて決まります。
たとえば課税額が390万円の場合、400万円以下という区分になり、税率は20%です。
これを課税額にかけると、税額は78万円となります。
あとはこの税額からさらに控除する金額が決まっていますので、それを引いてください。
400万円以下の場合は25万円ですので、正式な贈与税額は53万円となります。
暦年課税の場合、このような計算式になります。

これが相続時精算課税となった場合は、どうなるでしょうか?
このときは基礎控除が2500万円となります。
課税額の計算は同じで、贈与金額からこの基礎控除を引いてください。

たとえば3000万円を贈与した場合、課税額は500万円となりますね。
コチラの制度を使うとあまり贈与税はかかりませんが、基礎控除を超える金額には課税されます。
税率は課税額に関わらず、一律で20%となります。
贈与税がかかる場合、コレをかけてください。
先ほどの例の場合、500万円の20%ですから、計算すると100万円となります。
コレが贈与税となりますので、税務署に申告して納めます。

その後、相続が起きたときは、このときに納めた贈与税も含めて相続税を計算します。
このときに贈与された資産も含めて相続税を計算した結果、相続税が300万円かかる場合、すでに100万円を贈与税として先払いしていますから、残りの200万円を払えばOKです。
もし相続税がまったくかからなかった場合、先払いした贈与税100万円は還付されます。

それぞれの方法での税額はこのようにして計算されます。