相続時精算課税のメリットとは - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金 » 相続時精算課税のメリットとは

相続時精算課税のメリットとは

贈与税の課税方式の1つとなる相続時精算課税は、基本方式ではありませんので、利用したいときは条件を確認し、自分で利用を申請する必要があります。
そこまでしないといけないこの制度のメリットとは、なんでしょうか?

特に大きいのは、財産を早く移行できることです。
贈与段階では税金がかかりにくいため、生前贈与がしやすいんですね。
それだけ早く次の世代へと財産を回せるのが、この制度の利点です。

この相続時精算課税を使わない場合、暦年課税という基本方式で贈与税が計算されます。
この制度の基礎控除は毎年110万円しかなく、コレを超える贈与金額には贈与税がかかります。
税金の控除金額としては小さい部類で、贈与段階での課税をできるだけ避けたいなら、毎年110万円ずつしか財産を動かせません。
このとき相続時精算課税を使うと、基礎控除が2500万円に増えます。
贈与段階では一気に税金がかかりにくくなり、課税なしでの生前贈与も一気にやりやすくなります。
早く次の世代に財産を回したいときに向いている制度です。

これ以外のメリットとして、贈与した財産については、贈与段階で税額を確定できることがあります。
現金や預貯金は時期に関わらず一定の価値がありますが、土地や株式などは時期によって価値が大きく変わりますよね。
そのような財産を生前贈与した場合、相続が起きて相続税を計算するとき、その財産の価値は贈与した段階での価値で計算されます。
たとえば生前贈与したときに1000万円だった土地は、相続税の計算をする段階で2000万円に価値が上がっていた場合でも、贈与時の1000万円で計算します。
もし生前贈与をせず、相続によってその土地を取得した場合、その価値の基準は相続時のものとなりますから、実際に相続が起きるまでいくらになるか、わからないんですね。
相続自体が急に起こるのが普通ですから、降ってわいた相続税に苦労する方も多いです。

相続時精算課税で生前贈与すれば、時期によって価値が変わる資産も、贈与段階での価値で固定されます。
いくら税金がかかりそうか、余裕を持って調べ、準備できるんですね。
相続時精算課税にはこのようなメリットがあります。