暦年課税とは - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金 » 暦年課税とは

暦年課税とは

暦年課税とは、贈与税の計算方式の一つです。
贈与税とは、誰かから誰かへ、財産をあげたときにかかる税金です。
所得税のように自分で稼いだお金に税金がかかるのはもちろん、誰かから財産をもらっても、やはり税金がかかるんですね。
ただし、もらった財産の全額に税金がかかるわけではありません。
所得税の計算と同じように、課税金額の計算式がありますので、その式に合わせて計算します。
この計算方式の一つが、暦年課税というわけです。

この方式で贈与税の計算をする場合、もらった金額から基礎控除110万円を引きます。
計算結果にマイナスはなく、ゼロになったら非課税です。
つまりは110万円を超える財産をもらわない限り、贈与税はかかりません。
110万円を超える財産をもらうと、贈与税が課税されます。
これが暦年課税の基本です。

贈与税の計算方式はコレ一つではないのですが、この暦年課税が贈与税の基本的な計算方式になります。
特に何も手続きしていない場合、自動的に適用されるのはこの方式です。
また、手続きをしてもそれが認められなかった場合も、やはりこの方式での計算になります。
贈与税の計算式の基本ですので、よく確認しておくといいでしょう。

暦年課税の基礎控除110万円は、一年間で適用される控除金額です。
その年に110万円ピッタリの贈与を受け、この控除枠を全額使い切ったとしても、また翌年には同じように110万円の控除枠が与えられます。
同じように110万円ピッタリの贈与を受けても、やはり控除金額内での贈与として扱われ、贈与税は一切かかりません。

このように一年単位で110万円の控除枠が与えられるのですが、まったく贈与を受けず、この控除枠を1万円も使わなかった場合、その枠が翌年に持ち越されることはありません。
たとえば一年間まったく贈与を受けなかったとしても、翌年に適用される基礎控除枠はやはり110万円までです。
それぞれの年に受けた贈与の中で、110万円までを非課税とするのが、この暦年課税という制度です。
この方式で贈与税の計算を受けることは多いので、よく確認しておくといいでしょう。