相続の税金の記事一覧- Page 2 of 2 - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金

相続の税金

暦年課税を使った生前贈与

生前贈与したときに適用されることが多いのは、暦年課税という制度です。
簡単にいうと、年間110万円までの贈与なら、税金がかからないという制度になります。
特殊な条件を除いて、生前贈与で適用されるのはこの制度です。
一部の特殊な贈与をしない限り、この方式で課税されるつもりで贈与を考えるといいでしょう。
暦年課税を使った生前贈与 ≫ Click

暦年課税とは

暦年課税とは、贈与税の計算方式の一つです。
贈与税とは、誰かから誰かへ、財産をあげたときにかかる税金です。
所得税のように自分で稼いだお金に税金がかかるのはもちろん、誰かから財産をもらっても、やはり税金がかかるんですね。
ただし、もらった財産の全額に税金がかかるわけではありません。
所得税の計算と同じように、課税金額の計算式がありますので、その式に合わせて計算します。
この計算方式の一つが、暦年課税というわけです。
暦年課税とは ≫ Click