相続の税金の記事一覧 - 知ってる?暦年課税と相続時精算課税

HOME » 相続の税金

相続の税金

暦年課税と相続時精算課税の計算方法

生前贈与したとき、暦年課税と相続時精算課税とで、それぞれどのような計算方法になるのでしょうか。
基本的な計算方法はその他の税金と同じで、まずは課税金額を計算し、その金額に税率をかけるのが基本です。
それぞれの方法での基礎控除金額と税率がわかれば、個人でも計算できますよ。
暦年課税と相続時精算課税の計算方法 ≫ Click

相続時精算課税のデメリットとは

相続時精算課税には暦年課税にはないメリットがあるものの、デメリットもあります。
まず知っておきたいデメリットは、利用できる方が限られていることです。
基本方式となる暦年課税は誰にでも適用される基本方式なのですが、相続時精算課税には利用にあたっていくつかの条件があります。
相続時精算課税のデメリットとは ≫ Click

暦年課税のデメリットとは

贈与税の基本方式となる暦年課税ですが、デメリットもあります。

1つ目のデメリットは、基礎控除の金額が小さいこと。
暦年課税の枠は毎年復活するものの、一回当たりの控除枠は110万円のみです。
この金額が大きいのか小さいのか、考えている贈与金額にもよるでしょうが、一般的には小さい部類です。
暦年課税のデメリットとは ≫ Click

暦年課税を使った生前贈与

生前贈与したときに適用されることが多いのは、暦年課税という制度です。
簡単にいうと、年間110万円までの贈与なら、税金がかからないという制度になります。
特殊な条件を除いて、生前贈与で適用されるのはこの制度です。
一部の特殊な贈与をしない限り、この方式で課税されるつもりで贈与を考えるといいでしょう。
暦年課税を使った生前贈与 ≫ Click

暦年課税とは

暦年課税とは、贈与税の計算方式の一つです。
贈与税とは、誰かから誰かへ、財産をあげたときにかかる税金です。
所得税のように自分で稼いだお金に税金がかかるのはもちろん、誰かから財産をもらっても、やはり税金がかかるんですね。
ただし、もらった財産の全額に税金がかかるわけではありません。
所得税の計算と同じように、課税金額の計算式がありますので、その式に合わせて計算します。
この計算方式の一つが、暦年課税というわけです。
暦年課税とは ≫ Click